徹底解明!実は知らない税理士のお仕事

>

税理士ってなんだろう

この記事をシェアする

税理士にしかできない「独占業務」とは?

独占業務には私たちにはあまり馴染みのない業務が大きく分けて三つあります。一つ一つ見ていきましょう。

1.税務代理
本来税金は払うべき個人や法人が払うものですが、税理士だけはその納税を代行して行うことができます。つまり、税務署への申告や申請を代わりに行うということです。

2.税務書類の作成
こちらも納税者の代わりに行う業務で、税務署に提出する税務書類を代行作成し提出するものです。書類には身近な確定申告書なども含まれます。

3.税務相談
これは税金についての相談のことです。もう少し詳しく言えば納税額の算出などが当たります。これは税理士の独占業務にあたるので資格のない人は税金の相談に乗ると権利侵害してしまう恐れがあります。

他にもある税理士のお仕事

さて、税理士の仕事は上にあげた独占業務だけではありません。会計ソフトの開発などにより、税理士の仕事が減ってきているなどの事情もあり、最近では税理士が独占業務以外の仕事をすることも増えてきているのです。ここでは代表的な2つを説明します。

1.会計業務
簡単に言えば、試算表を作ったり決算書を書いたりすることです。これらは会期中の会計、支出と収入などを一覧にまとめたもので、年度末の決算の際などに必要になります。

2.コンサルティング業務
コンサルティングとはアドバイスのこと。ただ納税者の代行をするだけではなく、どうすればもっと節税できるのかを考えたり、企業に対しては経営をうまく行かせるにはどうすれば良いのかをアドバイスすることもあります。


トップへ